施設概要

施設概要

施設名 特別養護老人ホームみやぎ台南生苑
所在地 〒274-0804 千葉県船橋市みやぎ台4-18-1
設立 平成26年9月
施設長 施設長 岡本 直久
事業内容 特別養護老人ホーム
(指定介護老人福祉施設:千葉県認定1270907080)
ショートステイサービス
(指定短期入所生活介護:千葉県指定:1270907270)
連絡先

総合受付

TEL:047-447-5800 FAX:047-447-5801

特別養護老人ホーム  TEL:047-447-5800

ショートステイサービス TEL:047-447-5800

交通アクセス

電車でお越しの場合

新京成電鉄「三咲」駅下車
「三咲」駅からは、バス・タクシーをご利用ください。

バスでお越しの場合

新京成電鉄「三咲駅」から、「小室駅」または
「セコメディック病院」行きで「須賀神社」下車、徒歩10分。

施設の特徴

point1:4つの自立支援について

1.認知症ケアの実践

当施設では介護力向上講習会が提唱する認知症ケアの取組みを行っています。認知症は治らない
病気ではなく、4大基本ケア※を行う事で認知症状の消失または軽減が可能です。ご入居者一人一人に
合わせたケアを実践し認知症の改善に向け日々取り組んでおります。

2.リハビリテーションへの取組み

急性の病気やケガ、加齢による筋力の低下により歩行が困難となり、車椅子やベッド上での生活を送る
事でADL(日常生活自立度)は低下していきます。そこで当施設では歩行リハビリを中心に、個別機能訓練や生活リハビリに力を入れ寝たきりの方でも、もう一度ご自分の足で歩くことが出来るように理学療法士の指導の元、歩行リハビリを行っております。

3.口腔ケア

口腔ケアを行うことで、歯科疾患予防から、口腔機能の向上で健康の維持や増進を行い、生活改善から、食べることの意欲が湧き、最終的に生きることの意欲も増します。また口臭予防の効果や、義歯不適合などによる圧音障害を改善することで、人とのコミュニケーションを取る機会を増やします。口から影響して起こる、さまざまな健康への悪循環を引き起こさない為にも適切に口腔ケアを行います。

4.看取りケア

ご入居者が人生の終焉を迎えた時に、ご本人の意思ならびにご家族の意向を最大限に尊重したケアを実施し、安らかな最期を迎えることができるよう支援を行います。終末期における過剰な医療の介入はせず、容態の変化に伴って発生するご入居者の心身の苦痛の緩和に最善をつくします。最後まで、自律と尊厳をもって過ごして頂けるようケアの提供に努めます。

point2:木造施設ならではの快適な移住空間

入居者様がより快適にお過ごしいただけるよう、
当施設は木造設計となっております。居心地の良さを
是非実感してください。

point3:食事の常食化と自立支援

食事を細かくきざんたり、ミキサーにかけることで、むせずに食事を召し上がっていただく、といった従来の「きざみ食」、「ペースト食」、「ミキサー食」の考え方は、逆に咀嚼(かむ)力を低下させ、さらなる口腔機能の低下(廃用症候群)を招いてしまう恐れがあります。

当施設では、通常の食事の他に、咀嚼(かむ)力の低下したご入居者の状況に合わせ、きざまない介護食「ソフト食」「やわらか食」の提供を行い、段階的に咀嚼(かむ)回数が増えるケアを行います。食事をかんで召し上がっていただくことで口腔機能の維持・向上を図り、科学的介護の実践に基づく自立支援を行い、在宅復帰を目指します。

定員・設備

定員

【特別養護老人ホーム】   80名

【ショートステイサービス】 20名

設備

◎浴室    ◎医務室  ◎リビング

◎地域の広場 ◎喫茶室

居室

【特別養護老人ホーム】  1人部屋(18.2㎡) 10室 1ユニット

【ショートステサービス】 1人部屋(18.2㎡) 

10部屋を1ユニットとして1階・2階に4ユニット、
3階に2ユニット

施設配置図