【世界メンタルヘルスデー】

世界精神保健連盟が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。
その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。
こころの病気は誰でもかかりうる病気です。 眠れない、気分が沈む状態が続く等、こころの調子をくずしてしまった場合は、ひとりで抱え込まずに家族や友人など、身近な人に相談しましょう。 身近な人に相談しづらい場合や、相談できる人が周りにいない場合は、こころの相談窓口などにあなたの不安や つらい気持ちを伝えてください。

関連記事

  1. 【インフルエンザ感染予防/豊富福祉まつり】

  2. 【世界アルツハイマーデー】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP