【10月 郷土料理の日】

今月は「茨城県」

献立:煮合い・しょぼろ納豆・胡麻酢和え

納豆の名産地水戸市では、江戸時代、台風が来る前に収穫できる早生小粒の大豆を美味しく食べる工夫として、納豆づくりが盛んになりました。 「しょぼろ」とは、「そぼろ」の方言で秋に収穫した大豆で納豆をつくり、保存食として、余った納豆を長い間食べられるように工夫をこらした食べ方だそうです。
茨城県出身のご利用者より、「昔は家で納豆作っていたのよ、しょぼろ納豆も家庭によって味付けもちがって・・・懐かしいわ~」との声が聞かれました。
今月も、美味しくいただきました「ごちそうさまでした!」

関連記事

  1. 【芋掘り】

  2. 【船橋産の旬の食材を味わう日】

  3. 【郷土料理の日:今月は「島根県」】

  4. 【郷土料理の日】

  5. 【郷土料理の日:今月は「秋田県」】

  6. 【焼き芋】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP