【郷土料理の日:群馬県】

献立:下仁田葱のぬた・渋川蒟蒻の白和え・峠の釜飯

群馬県で生産されている特産品の一つに、ねぎがあります。
下仁田葱が生産され始めたのは江戸時代と言われており、特徴としては太さが最大で4~5cmになることと、長さが15~20cmと短いこと。
葱は甘い方がねぎぬたによく合うと言われており、下仁田ねぎのような独特の甘味を持つねぎはぬたに適しています。
こうしたおいしく個性豊かなねぎが育つ群馬で親しまれているのが、ねぎを使った郷土料理である「ねぎぬた」。
加熱したねぎを酢味噌で和えて仕上げる料理です。ご利用者は葱が好きな方が多く、皆さま完食でした。「ごちそうさまでした!」

関連記事

  1. 【郷土料理の日:今月は「秋田県」】

  2. 【郷土料理の日:11月は 岩手県】

  3. 【郷土料理の日:山口県】

  4. 【船橋産食材の日:大根】

  5. 【芋掘り】

  6. 【船橋産食材の日:かぶ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP